ubersuggestの使い方

ブログ運営

ubersuggestで検索ボリュームを測る!便利な使い方紹介

記事を書く前にキーワード選定していますか?

競合チェックや検索ボリュームをちゃんと調査していますか?

グーグルのキーワードプランナーを使用すると正確なボリュームが出なくて悩んでいませんか?

キーワードプランナーで検索ボリュームを調べても「100~1000」って出てきますよね?

100と1000じゃえらい違いですよ!!

流石に使い物になりませんよね?

今日はそんなあなたにおすすめの無料ツールがこちら

ポイント

「ubersuggest」

この記事では、検索ボリュームの詳細が見られるubersuggestの使い方を解説していきます。

ubersuggestとは?

まずはubersuggestとは?

メモ

  • アメリカのWebマーケターが開発したSEOツール
  • 競合調査も出来る
  • キーワードプランナーと同等のロジック
  • 日本語対応済み
  • 無料で使用可能

上記の様なSEO対策ツールです。

他サイトののSEO対策記事では、「精度が悪いから使わないようにしましょう。」と言及されている場合があるが、決してそのような事はありません。

とりち
ライバルを落とすためなんじゃ?

と勝手に思っています。

では、使い方を紹介していきましょう。

ubersuggestの使い方

あなたは普段キーワードプランナーで検索ボリュームを測定していると仮定しています。

メモ

ハチミツを乳幼児に与えるのは危険なのはご存じでしょう?

ここでは、「ハチミツ 赤ちゃん」というキーワードを例に説明していきます。

まず、グーグルキーワードプランナーで検索した場合、以下のような結果になります。

キーワードプランナー

一番知りたい検索ボリュームが曖昧すぎる!

1000~1万ってかなりの差ですぞ?

注意ポイント

googleキーワードプランナーの場合

  • 0~10
  • 10~100
  • 100~1000
  • 1000~1万

上記の様にざっくりとした数値しか見れません。

ubersuggestの場合

まずは、ubersuggestのページを表示します。

ubersuggest初期画面

ボックスにキーワードを入力します。

検索をクリック!

ubersuggestキーワード

検索ボリュームやSEO難易度が表示されます。

ポイント

キーワードプランナーでは1000~1万と表示されていましたが、ubersuggestでは4400とハッキリ分ります。

次に、左のタブのキーワード候補をクリックしてみましょう。

ubersuggestキーワード候補

類似キーワードを表示させることが出来ます。

ポイント

  • Vol:月間検索数
  • CPC:アドセンス単価
  • PD:有料検索難易度
  • SD:検索難易度

気にするポイントはVolSDだけで十分です。

月間検索数と、オーガニックサーチでの競合の強さを表してくれています。

今回のキーワード「ハチミツ 赤ちゃん」は検索ボリュームがそこそこ有って、競合も強くない事が分ります。

1年未満のブログで狙うポイント

まだブログが育っていない方が狙うべきキーワードをお伝えします。

ポイント

  • 検索ボリューム:100~500
  • SD:15以下

この辺りのキーワードを見つけることが出来れば、検索上位に食い込める可能性が高いです。

上記、画像内の例だと「ハチミツ 赤ちゃん いつから」というキーワードでお悩み解決記事を書くと上位表示できる可能性があります。

注意ポイント

ubersuggestで測定するのは飽くまで予測値です。

最終的には、実際にgoogleで検索して、自分で競合の強さを確かめましょう。

>>【関連】ブログ初心者が登録するべきASP(アフィリエイト)3選を解説

ubersuggestはキーワードプランナーより便利!

いかがでしたか?キーワードプランナーで検索ボリュームが分らず、モヤモヤしていた方には朗報では無いでしょうか?

検索ボリューム「100~1000」だと思っていたのに実際は「110」しか無かったらガッカリですよね?

しっかり検索ボリュームと競合を調査して、検索上位を狙っていきましょう。

無料で使える検索順位チェックツールのおすすめは以下の記事でまとめています。

>>検索順位チェックツール!無料で使えるおすすめツール3選はこれだ!

\その他ブログお役立ち記事はこちら/

ブログ記事

-ブログ運営
-,

Copyright© とりちのIT備忘録 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.